「ちょこざいなっ!」

お酒を飲みながら日々の雑感をダラダラとつづるブログ

日本農業の問題の本質は『食料自給率の低さ』ではない

 

久しぶりのブログ更新。

日本農業の問題として

 

『食料自給率

 

が使われることに違和感があったので書いてみました。

ちょいちょい間違っているところがあると思いますが

大筋は外してないと思います。

書ききれない部分もあったので気分が乗ればいつか付け足します(たぶんやらない)。

(数値は基本的にセンサスから取ってきています)

 

 

”食料自給率”という指標

農業問題を語る時に避けては通れなくなってしまっている食料自給率

この数値が指し示すものは

『私たちが消費している食料の中で国産のものは何割であるか』

というものです。

基本的には”カロリーベース”という指標が使用されます。

これは私たちが摂取しているカロリー(熱量)のうち何割が日本で作られたものか。

ということ。

昨年度はカロリーベースでの食料自給率が38%だったそうなので

ざっくり1日3食のうち2食が海外由来の食品だったことになります。

 

この食料自給率という指標

さも日本農業衰退と相関があるように使われますが

食料自給率の増減に関与しているのは”食生活”です。

 

”高カロリー”である砂糖や油、小麦などは

戦後の日本経済の回復に歩調を合わせるように消費される量が増えていきました。

日本人はこれまで米で摂取していたカロリーをこれらの食品に置き換えたわけです。

『食の西洋化』と言われます。

しかしながら日本の風土や気候がこれらの原料の栽培に不向きなため

砂糖(34%)、油(13%)、小麦(13%)と自給率は低く

また伸ばすには無理があります(砂糖は今頑張ってるみたいですが)。

つまり現在の食生活を続ける限り自給率の大幅な増加は見込めないわけです。

だからといって、イタリアンや洋菓子の美味しさを知った今、

食料自給率のために「食生活を変えよう!」という話にはなりませんよね。

 

問題の本質は”供給力”の減少

先日大学時代の友人の結婚式に列席していたときのことです。

恩師も列席されており席が隣だったこともあって農業談義に花が咲きました。

そのなかの一幕。先生が、

 

「農業生産を支えるものは『人×土地×技術』の3つ。

日本は人と土地の減少が止まらないことが最大の問題だ。」

 

とおっしゃいました。

首が外れるんじゃないかというくらい激しく首肯しました。

 

詳しく話していきます。

 

《人の話》

現在、日本で農業を仕事としている人は192万人ほどいますが

そのうちの65%を65才以上の人が占めます。

さらにそのうちの30%が80才以上の方です。

ざっくり37万人。

そもそもの年齢分布がかなりおかしいのですが

それよりも問題なのが長く見積もっても10年以内には

この層がごそっとリタイアしてしまうことです。

 

《土地の話》

80オーバーの人たちがリタイアすると

跡継ぎがいないため休耕地や耕作放棄地が激増します。

平成27年現在で農業生産が可能な面積は450万haと言われています。

仮にこの農地全部でお米を栽培したとすると

ざっくり1人1日あたり1800kcalの供給となります。

上手く配分できれば、です。

『少しでも分配を間違えれば餓死者が出てしまう』

のが450万haです。

どれくらいヤバイか伝わりますでしょうか。

また一度休耕地や耕作放棄になってしまうと

耕作できるようになるまで1年程度時間を要します。

休ませてしまえばすぐには使えなくなってしまうんですよね。

 

ということをお話すると、

「そんなちまちまやらずに、農地を集めて機械で大規模にドドッとやっちゃえばいいじゃん」

とご提案してくださる方が多々いらっしゃいます。

 

それ、できてたら苦労しないです。(泣)

 

農地の集積は平らな土地であることが基本となります。

日本のように国土の大半が山という国土では

大規模化しにくいんですね。

だから

『小さい面積でどれだけいっぱい収穫するか』

という技術を昔からひたすら磨いてきたんですね。

 

ということで日本農業の本質的な問題は

農業生産を支える”人”と”土地”が減ることで

食料を供給する力(供給力なんて言う人もいます)が減っていくことなんです。

別に自給率は高かろうが低かろうがどちらでもいいんですが

人も土地も減ってきちゃうと”なにか”があったときに対処できなくなります。

その危険性を知っているからこそ欧米各国は農業政策に力を入れるわけです。

 

これからは農業問題の記事を読む時は人と土地に注目してみてください。

ちょっと見方がかわると思います。

また、食料自給率で一喜一憂している人を見かけたら

したり顔で近づいていって

 

「問題はね、自給率じゃないのですよ。

問題の本質はね…」

 

と教えてあげてください。

きっと嫌な顔をされます。

主要農作物種子法廃止について

あまり言及している人がいないのですが

かなり重要な問題だと思うので書いておきます。

 

【主要農作物種子法】(以下、種子法)

とは、

稲・麦・大豆の優良品種の生産・普及を促進するため

都道府県にこれらの品種の元となる原種や

原種のさらに元となる原原種の

維持・確保を求めるための法律です(と解釈しています)。

 

『種子法の存在が民間企業の参入を阻害し

ひいては”健全な競争”の弊害になっている。

ゆえに種子法を廃止するのが農業界のためになるのだ』

というのが政府の主張です。

 

そんなわけなかろう

 

という論を以下に展開していきます。

ご査収ください。

 

続きを読む

トランプによるシリア攻撃

週に1本(月に4本)政治経済ネタを取り上げて

解説ないしは思ったことを綴る

という超自己満ライングループ

『ほぼ週刊よこやま』

というものをやっているのですが、

なかなかブログ書けなくて…

という(無駄な)忙しいアピールをした理由の大半がこれです。

(ウソです)。

 

普段はこっちには載っけないのですが

シリア問題が複雑奇怪なので

まったくわからない人の一助になればいいなー

という想いと

自分もまったくわかっていないので誰かからコメントもらえたらなー

という想いで載っけることにしてみました。

が、”記録する”ことが目的の過半を締めています。

 

終わりの見えない中東問題。

誰か終止符の打ち方を教えてください。本当に。

 

続きを読む

海外に行く意義について考えてみた

随分ご無沙汰になってしまいました。

色々言いたいことはあったんですが

なかなかブログで書くところまで至ってませんでした。

 

反町さんが

『言いたいことも言えないこんな世の中じゃ…』

って嘆いてらっしゃるので

一念発起して書いてみることにします。

 

 

 

先週の火曜日、

地元和歌山で学習塾を開くにあたり

『子どもたちの海外へのハードルを下げるきっかけを提供したい』

と言ってる保育園来の友人Aと

カナダはバンクーバー(現在はケロウナ)で

『若者で海外渡航を考えている人の一助になりたい』

と言ってる大学の友人Bを引き合わせるために

実家に帰っていました。

 

Aは、

「国境をまたいだ人の往来が増えていく中で

海外で働くことも当たり前になってくるだろうし

逆に海外から日本への流入も盛んになると思う。

選択肢を拡げるためにも視野を拡げるためにも

”海外”へのハードルを下げておくことは大事」

と言い

Bは、

「言語が違う中でコミュニケーションを取り

様々な価値観に触れることや

日本とは違った開放的な空気を吸うことは重要」

と言うわけで、

私自身も高校時代に海外留学経験ありますし

両方の意見に首もげるんじゃないかと思うくらい

うんうんと首肯していました。

 

あまりに共感したので

『行くまでの語学勉強の指導』

的な部分でチラッと関わることになると思います。

その辺はまた後日。

 

で今日。

なんとはなしに海外に行くことの意義を考えてました。

海外行くってなんなの?意味あるの?

みたいなとこ。

ということでこっからが本題。

毎回前置きが長くてすみません。

 

続きを読む

文字というコミュニケーションツール

先日ふと思いついたのが

“文字"でのコミュニケーションは

『熟考されたもの』という前提が大事なんじゃないか。

ということでした。

謎ですよね。

続けます。

 

続きを読む