「ちょこざいなっ!」

お酒を飲みながら日々の雑感をダラダラとつづるブログ

好きということ

仕事では基本的にコテコテのラブソングにあてられます。

特に最近の邦楽は西野カナ先輩を代表する恋愛至上主義的(決してバカにしていません)な歌詞も少なくなく、『愛って尊いね』『結婚って素晴らしいね』という気持ちにさせられるのですが、「じゃあその根本にある"好き"ってどういう概念?」みたいな疑問がふつふつと湧いてくるわけです。

そんな中ふと思ったのが、

「好きと感情は、知りたいという欲求と近いのではないか」

という仮設。

これを検証するためにまずは久々に高校数学を取り出そうと思います。

数学Aでやった『命題』。

対偶が真であれば命題もまた真であるってやつ。

逆、裏、対偶なんて流れだけで覚えてましたがこんなとこで使うとは。

 

忘れてしまった人に(というか完全に自分も忘れてましたが)簡単に説明すると、

命題とは「pならばq」(p→q)という仮説的なもので、

逆は、「qならばp」(q→p)

裏は、「pでないならばqでない」(pq ) 

対偶は、「qでないならばpでない」( qp   )

懐かしいですね。

 

言葉で書くと、

命題「好きということは、知りたいということ」である

逆「知りたいということは、好きということ」である

裏「好きではないということは、知りたくないということ」である

対偶「知りたくないということは、好きではないということ」である

という4つができあがります。

さてどうでしょうか。

 

命題が真であるとした時、逆は微妙ですよね。知りたかったとしても、好きではないかもしれない。

そうなると、裏も危うい。好きでなかったとしても、知りたい時はあります。興味本位とか。

ただ、対偶は間違いなく真でしょう。知りたくない、それはつまり好きではない。

ということで無事命題は証明されました。ちゃんちゃん。

 

 

 

 

えっ?納得出来ない?

そもそも命題を真とすることが怪しい?

 

 

 

 

うーん。

ということで少しばかり考えていこうと思います。

"好き"という感情は掴み所がないので、"知りたい"に焦点をあてようと思います。

 

"知りたい"の反対は"知りたくない"ですが、なぜ知りたくないかというと2パターン考えられます。

1.十分に知ってしまったため

2.知りたいという意欲が削がれたため

細かい理由があったとしてもこの2つに収斂すると思います(むしろ1も2に収斂すると思いますがそこはわかりやすくするためにご容赦)。

 

さて、恋愛において、

「あなたのことは十分にわかった」

「あなたのことを知りたいと思わなくなった」

と言われた場合どう思うでしょうか?

前者は1、後者は2にあたるフレーズです。

みなさんお察しの通りですが、これは紛れも無く『別れのフレーズ』です。

 

「あなたのことは十分にわかった」

「あなたのことを知りたいと思わなくなった」

という言葉に対し、

「だから、付きあおう」

「だから、結婚しよう」

なんてワードは絶対続きません。

よって、

「あなたを分かりたい」

「あなたのことをもっと知りたい」

という言葉は"好き"という感情の延長線上にあると言えます。

 

恋愛のことを多少前提にしていますが、いろんな事にあてはまるとおもいます。

好きこそものの上手なれなんて言葉がありますが、好きだということは興味を持って調べることが出来る、学べることが出来るということです。

仕事であっても研究であっても趣味あってもそういうことだろうと思います。

そのものが、対象が、気になるから興味持つし調べるんだと思います。そして、その傾倒した形が"好き"だろうと。

逆に、「全て知ってしまった」っと思ってしまったらその先に好きは芽生えないんですよね。たぶん。

今の就活や結婚は「相手をよく知ってからにしましょう」なんてのが定説になってて、そこまで間違ってはないねんけど、「あまりそこに固執し過ぎると…」なんて思うことも多々あります。

「知ってしまった」と思うより「わからない」部分がある方が魅力的だと思うんですよね。

ただ、昨今は「わからない」部分がかなりブラックだったりするのが問題だなーと思ったりしております。

 

そんなこと自分が言う前に尊敬する思想家の内田樹氏が著書の中でおっしゃってるわけですがその実感レベルに今追いついたという吐露でもあります。

そんなことはおいといて、つまり、以上から、「◯◯のことを知りたい」という知的好奇心の追求は"好き"という感情にかなり近づくのではないかという話でした。

 

いや、まぁ知らんけど。

 

2015/11/15日に下書き状態だったものをほぼそのまんま掲載。

広告を非表示にする